効率アップ術を学べば仕事が何倍も楽しくなる!

出来る人間は仕事の効率を上げる

仕事の効率を上げるとモチベーションも上がる

自分のしている仕事の内容が、顧客に対して、或いは同僚や営業に対してどの様な役割になるのかを理解することが基本ですね。 まずそこを理解した上で何をどう改善したら実際に役に立つかを考えましょう。 事務であれ接客であれこうしたら効率が上がると判断したら決定権のある社員に相談してから実践することが必要です。

おすすめリンク

3Dデータ作成を依頼するなら

開発しているものの具体的なイメージを見せたい!そんな時には3Dデータ作成!業者の情報教えます。

どんな工夫が出来るかを考える

接客の場合はお客様の立場にたって考えるとよくわかることがあります。 意味のないクレームは別として、実際気が付かなかったことを指摘され確かにと納得することもあります。 それは大きなチャンスなのでそこで色々工夫することが大事ですね。 事務職などでも入力の仕方一つでもできる工夫はあると思います。

評価される工夫

自分の提案が評価されるとモチベーションが上がりますね。 評価される工夫は自分だけでなく会社にも同僚にも誰にでもできて単純ではあっても気が付かなかったという事が多いです。 そんなことをみんなで共有して仕事がよりスムーズにこなせるようになることも大変多いのです。

求められていることを正しく理解する

仕事をしていて漫然とこなせて時間通りに終わればそれでよしと言う人も実は多いと思います。
しかし常に効率を考えながら仕事をしている人も居ますね。
そういう人は実は会社全体にとって大きく役立ち、改善に繋がる大切な存在になるのです。
決定権をもつ直属の上司や同僚は面倒くさいと考えず同じように向上心を持つことが求められます。
このことはとても重要でせっかく良いアイディアや意欲を持っていても聞く耳を持たない人々の中で改善していくことは大変難しいのです。
会社にとっても大きなマイナスになることを皆で認識しない事には何も始まりません。
小さなことが全体の活気にもつながり、経費削減にも役立つのですから。
まず上に立つ人がそのことを最も大切な事と認識して一人一人のモチベーションを上げていくことが発展に繋がると理解していくことこそが必要なのですね。
個々の社員がこうしたらより良い仕事に繋がると感じたら臆せることなく提案できる環境作りをしていくことで会社の社会的な評価も間違いなく上がっていくことでしょう。
一社員でも派遣でも、パートであっても積極的に提案できる会社が成長していきます。
会社組織の大きな部分ではなくても小さな工夫なら案外すんなり認めてくれることもあります。
与えられた仕事の中で日々より効率よく仕事ができるにはどうしたらいいかを各々が日ごろから考えながら仕事をしていくことで少しづつ成果が上がっていく場合もあります。
例えばスーパーなどでも品物の陳列が分かりにくいとか、店員に聞いてもよく理解してないとかがあるとお客はがっかりしますが実によく案内のできる店員さんがいるとしっかり仕事をしている印象を与えその店全体のイメージアップになります。